スポット医師面接とは?

専門家の意見を踏まえて対応していますか?

「心の健康問題により休業した方の職場復帰の手引き」(厚生労働省)では職場復帰を5つのステップに分けています。

【第1ステップ】は、病気休業の開始および休業中のケア
【第2ステップ】は、主治医による職場復帰の判断です。
 厚生労働省の職場復帰支援の手引きはこちら

将来復職の可否等が争われた場合に、会社がきちんと手順を踏んで対応したかが問われます。主治医の先生が復職可能と判断した照明として、診断書の取得が求められます。この厚労省の職場復帰支援の手引きに沿って対応していれば、まず安心です。

             ~主治医の診断書について~
 主治医は一定期間患者さんの治療に携わり、病状や回復具合を評価して職場復帰の可否についても意見を述べます。ただし、患者さんの職場環境や業務内容・業務負荷などの十分な情報がない中で判断をすることが殆どです。また、患者さんからどうしても早期に職場復帰をしたいと申し出があった際、患者さんの希望を汲んだ診断書を出してしまう先生も少なくありません。

     おまかせください!! 日本産業医支援機構では、
     小規模事業者様のスポット面接に対応しております!!

⇒サービスの詳細と料金はこちら